FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め!和光の結婚指輪・婚約指輪
(2012年9月追記)
和光さんも、ここ2年ほど内部的に大変だったようで
いろいろと大きく変わってしまいました。
普通の会社になったと言えば、それまでですが
失った物も大きかったように感じられます。
売上が欲しくて、ゼクシィに広告を出すように
なっちゃったくらいですから・・・。


下記の記事は、2008年2月時点の記録として
読んでいただければ幸いです。
(現在の事実と異なる点が多々ありますのでご注意ください)



和光と言えば、銀座4丁目のシンボルで、昭和7年に建設された本館の時計台の写真は、
誰もが見覚えがあるはずです。
服部時計店(現セイコーホールディング)の象徴であるこの和光、有名なわりに
買い物に行ったことがある人は、案外少ないのではないでしょうか。

和光の本館は小さな百貨店のようで、時計、宝飾、メガネのほか、バック、カトラリー等の
雑貨、衣料品等を扱っています。
ところがすごいことに、国内で最も地価が高い立地にありながら、日曜祝日は休業。
平日も6時には閉店してしまいます。若いOLの来店を拒んでいるかのようです。
年中無休、23時まで営業のジャスコとはえらい違いです。坪効率などどいう概念はないのですね。

1月から、この本館は修復工事中で、並木通りの新しいビルで営業中です。
今日、ここのカフェに行った帰りに地下のブライダルリング、ジュエリー売り場に立ち寄ってみました。
和光のジュエリー売場を見るのは、久しぶりだったのですが、いろいろな意味で感心しました。

和光だから当然ですが、とてもゆったりした、きれいな売り場です。
高級感もあるので、若いカップルは少し緊張してしまうかもしれません。
でも恐れることはありません。しっかりリングを吟味しましょう。
私が感心したのは、商品(特にダイヤモンド)の良さ、価格が手頃なこと、接客・雰囲気が良いこと、
つまり
コストパフォーマンスが抜群なのですよ。

長年、婚約指輪(エンゲージリング)に関わってきたスタッフ達が感激してしまうほど、
きれいなダイヤモンド(特にハート型に素晴らしいものあり)なのに価格は決して高くない。
結婚指輪(マリッジリング)にいたっては、ベーシックなプラチナリングがペアで16万円くらいから。
百貨店1Fの国内ブランドよりも安いくらいです。
そして、上品で親切な接客。銀座で20年働いている私が、今さらながら和光の底力に
恐れ入ってしまいました。
格が違うとしか言いようがない、ゼクシィとは無縁のブライダルリングの世界がそこにあったのです。

銀座で婚約指輪、結婚指輪を探そうというカップルは、ぜひ最初に行ってみてください。
ここを基準に他店を見てみたら良いですよ。
但し、日曜・祝日は休みだからね。土曜日も6時には閉まっちゃうよ。
(大阪のホテル日航にも店舗があるようです)


梅田阪急に見る2008年最新結婚指輪事情
 婚約指輪の項でも書きましたが、阪急百貨店はファッションを重視する百貨店なので、結婚指輪と言えども、それを前面に押し出します。その結果として、最新ブライダルリングカタログの最初の方に掲載されたMAKRI(マクリ)、Shaesby(シェイスビー)、NOJESS(ノジェス)等では極細のゴールドリングが登場しています。細いリングは確かにおしゃれだと思いますが、着けっぱなしで使用する結婚指輪として、十分な耐久性があるのかどうか、購入に際しては検討が必要でしょう。

 また、カタログ後半の国内の有名ブランドを含めてですが、様々な色味のゴールドが登場しています。プラチナの結婚指輪は地金価格が高騰し(ゴールドもそうですが)、ダイヤを使わないものでもペアで20万円前後になってしまいました。そのため、ゴールドが積極的に使われるようになったのです。ただ、いわゆる黄金色のイエローゴールドには抵抗がある方もいるので、もっと自然な色のゴールドが出てきているのですね。以下はカタログ掲載の個性的なゴールドの一覧です(ピンクゴールドは多くのブランドで使われていました)。

      MAKRI(マクリ)       オキシダイズドホワイトゴールド
      yoshinob(ヨシノブ)     シャンパンゴールド
      NOJESS(ノジェス)     ピンクシャンパンゴールド

 結婚指輪に使われるゴールドの多くは18金(K18と刻印される)という素材で、金を75%含有しています。18金は残り25%の金属(銀、銅、パラジウム等)の配合比率によって、色が変わるのです。配合はいくらでも変えられるので、ちょっと変わった素材を作って、名前を付ければ、オリジナル素材の出来上がりです。なので、ピンクゴールドとピンクシャンパンゴールドとシャンパンゴールドを並べられても、明確な区別があるものではありません。気分の問題です。

 ただ、気をつけていただきたいのが、ピンクゴールド。10年ほど前にヴァンドーム青山が”日本人の肌になじむ色”と結婚指輪のプロモーションをかけましたがその時は定着しませんでした。それ以来の登場ですが、ピンクゴールドは加工性に問題があるのです。銅を多く含むため、硬く、割れやすく、サイズ直しが難しいのです。結婚指輪を長く使ううえでは大切なポイントなので、ご購入の際には、お店に質問してみてください。

 結婚指輪は、使い勝手を考慮すると、どうしてもデザインに制約があります。プラチナ地金の高騰もあり、 ゴールドという材料で差別化を図ろうというのが、2008年の結婚指輪最新トレンドのようです。


                       
梅田阪急に見る2008年最新婚約指輪事情
 百貨店の中で、ファッションに関しては東の伊勢丹、西の阪急が断然の存在と言われておりますが、それはジュエリーでも同じこと。2月2日(土)に梅田阪急に行く機会があり、最新のブライダルカタログも入手したので、そのレポートです。

 土曜日の午後3時という時間帯でしたが、1Fのアクセサリー売り場の人はまばら。4℃で結婚指輪を購入しているカップルはいましたが、それ以外にブライダルリングが動いている様子はありませんでした。天下の梅田阪急ですらこれでは、世間全体の動きが良いわけはありません。クリスマスに需要を先食いしてしまった反動がまだあるのかもしれません。

 さて、発行されたばかりの最新ブライダルカタログ。以前は提携関係にあった伊勢丹と共同で発行していたこともありましたが、2011年には伊勢丹・三越連合と阪急・阪神連合が梅田で大激突することが決まっているので、もはや提携関係にはないようです。ページをめくり最初に登場するのがMAKRI(マクリ)というギリシャのデザイナーブランドとShaesby(シェイスビー)というアメリカのデザイナーブランド。いわゆるクリエイターものですね。ゴールドにしては価格も高いし、実売よりもイメージを重視してトップに起用したのでしょう。以前だったら4℃ヴァンドーム青山がトップだったろうに、時代は変わるのです。

 次に日本のクリエーター系、yoshinob(ヨシノブ)、RUDIADA(ルジアダ)が続きます。どちらもかなり個性的なデザインの婚約指輪です。価格はおおむね30万円以上とやや高め。以下、agete(アガット)、NOJESS(ノジェス)、AHKAH(アーカー)、Samantha Tiara(サマンサティアラ)とかわいい系のアクセサリーブランドが並びます。こちらの婚約指輪は20万円台からもありますが、NOJESSの10金63、000円のエタニティーリングを起用しているのにはびっくりです。

 おなじみの4℃、ヴァンドーム青山、組曲等が登場するのは後半。スタンダートなタイプの婚約指輪は少なく、個性的なデザインを集めています。

 これらから、婚約指輪の2008年最新トレンドをまとめると以下の通りです。

・ クリエーターブランドを中心に個性的なデザインが増え、従来の婚約指輪の概念を変えている。
・ プラチナ価格の高騰もあり、ゴールドの婚約指輪が急増している。ゴールドの色身もホワイトゴールドだけ
  ではなく、ピンクゴールド、イエローゴールドと多彩に。
・ 婚約指輪の価格は二極化しているが、10万円台前半の手頃な価格の商品が増加している。
・ 個性化の流れで、ハートシェイプのダイヤモンドを使った婚約指輪も見られる。

 次回は、結婚指輪編。





BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。