FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
伊勢丹の婚約指輪・結婚指輪カタログにクリスマスバージョン登場
伊勢丹ブライダルカタログ


大手百貨店(伊勢丹、阪急、高島屋、大丸等)は、
独自の婚約指輪・結婚指輪カタログを作っていますが、
そのクオリティーでは伊勢丹(新宿の本店のみ)のものが
群を抜いています。

その伊勢丹が、クリスマス仕様のカタログを作成しました。
(表紙を変えただけだろうというウワサもありますが、
秋以降作成のものなのでお許しを)


伊勢丹のカタログが優れているのは、
何と言ってもリングが見やすいこと。
背景がまっ白の中に、指輪が浮いているように見える表現で
指輪の大きさもほどほどなので、デザインが良くわかります。
このカタログを作るのに、カメラマンさんもデザイナーさんも
大変な苦労をしているはずです。


巻頭に、カルティエ、ブルガリ、ティファニー、ショーメ、
ブシュロン、ミキモトと高級ブランドを並べ、
オーソドックスに見せていますが
ファッションの伊勢丹らしさが現れるのは、そのあとで。


yoshinobu、Kaoru,himie、tmhと、
国内デザイナーブランドがゼクシィあたりとは、
まったく違う世界観を表現しています。
ページによっては、イエローゴールドが大半を占めるなど、
パッと見た印象が独特なのです。
今のトレンドは、ゴールドのテクスチャー(つや消し)
なんだなあということがわかります。


はっきり言って、この手の指輪が世の中の主流になることは
無いのですが、ファッション至上主義の伊勢丹としては、
プッシュするしかないのでしょう。
このカタログの末尾には
「デザイナーズアポイントメント」として
これらのデザイナーにオリジナルをオーダーしようという
提案まであります。


まあ、見せ筋と売り筋が異なるというのは当たり前のことで
売上は4℃やアーカーの方がずっと大きいのだと思いますが、
イメージにこだわるという戦略は一貫していて
ブレがありません。


もっとも、クリスマスに婚約指輪・結婚指輪のカタログを
追加したのは、以前のようにファッションジュエリー、
アクセサリーが売れなくなったからに間違いなく、
伊勢丹としても悩ましいところです。


ザ・ステージという特設会場にノミネートされているのは、
今年もアーカー。
(このブランド、婚約指輪・結婚指輪も大人気です)
梨花のジュピターがブライダルを展開するのも時間の問題なので
来年はアーカーと熱いバトルが繰り広げられることでしょう。


いずれにしても、ゼクシィとは無縁の世界だなあと思います。
だからこそ、一見の価値はあるのです。


テーマ:結婚指輪・婚約指輪情報 - ジャンル:結婚・家庭生活



BS blog Ranking