FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッチの日本限定ブライダルリングはとてもイタリア的
グッチの結婚指輪


これはGUCCIグッチ銀座店の
ウィンドーディスプレーです。


指輪は実物が小さいので、
デザインの詳細ををわかりやすく見せるためには
これくらい大きな写真でにしなければ
いけないのです。


”LINK TO LOVE”がこの指輪のシリーズ名で
日本限定商品だとのこと。


私は、この結婚指輪のデザインを見て
とてもイタリア的なデザインだけれど
これが日本で受け入れられるだろうかと
考えてしまいました。


グッチのサイトで調べると
実際、この結婚指輪はイタリア製ですね。
(婚約指輪はサイト未掲載)
八角形のフォルムはとても印象的ですが
指輪の内側を見ると、ごつごつしていて
とても着け心地が良いようには見えません。


しかし私は、そこがまたイタリアだなあと
感心してしまうのです。


私が、以前在籍していたトレセンテは、
開業当初、当時では珍しかったイタリアンジュエリーが
看板だったので、バブル絶頂の1990年から
毎年2,3回イタリアに通っていました。


イタリア人のジュエリーに対するスタンスは、
美しさを最優先させるというもの。
着け心地を気にするとか、ダイヤが落ちたら困るとか
日本人が気にするそういうことよりも、
ジュエリーは美しいことが重視されるのです。


このあたりの意識のギャップは大きく
ここ20年で、日本進出を企てたイタリアの
ジュエリーブランドはたくさんありますが
成功したところは1社も無いのが現実です。
(ジュエリーに対する文化の違いとも言えますが)


そこに、この結婚指輪なのです。
個人的は、がんばってほしいなと思います。


甲丸(ごくふつうのフォルム)の指輪の表面に
「Tiffany」と彫って販売しているのとでは
心意気が違いますからね。





テーマ:結婚指輪・婚約指輪情報 - ジャンル:結婚・家庭生活



BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。