FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田阪急に見る2008年最新結婚指輪事情
 婚約指輪の項でも書きましたが、阪急百貨店はファッションを重視する百貨店なので、結婚指輪と言えども、それを前面に押し出します。その結果として、最新ブライダルリングカタログの最初の方に掲載されたMAKRI(マクリ)、Shaesby(シェイスビー)、NOJESS(ノジェス)等では極細のゴールドリングが登場しています。細いリングは確かにおしゃれだと思いますが、着けっぱなしで使用する結婚指輪として、十分な耐久性があるのかどうか、購入に際しては検討が必要でしょう。

 また、カタログ後半の国内の有名ブランドを含めてですが、様々な色味のゴールドが登場しています。プラチナの結婚指輪は地金価格が高騰し(ゴールドもそうですが)、ダイヤを使わないものでもペアで20万円前後になってしまいました。そのため、ゴールドが積極的に使われるようになったのです。ただ、いわゆる黄金色のイエローゴールドには抵抗がある方もいるので、もっと自然な色のゴールドが出てきているのですね。以下はカタログ掲載の個性的なゴールドの一覧です(ピンクゴールドは多くのブランドで使われていました)。

      MAKRI(マクリ)       オキシダイズドホワイトゴールド
      yoshinob(ヨシノブ)     シャンパンゴールド
      NOJESS(ノジェス)     ピンクシャンパンゴールド

 結婚指輪に使われるゴールドの多くは18金(K18と刻印される)という素材で、金を75%含有しています。18金は残り25%の金属(銀、銅、パラジウム等)の配合比率によって、色が変わるのです。配合はいくらでも変えられるので、ちょっと変わった素材を作って、名前を付ければ、オリジナル素材の出来上がりです。なので、ピンクゴールドとピンクシャンパンゴールドとシャンパンゴールドを並べられても、明確な区別があるものではありません。気分の問題です。

 ただ、気をつけていただきたいのが、ピンクゴールド。10年ほど前にヴァンドーム青山が”日本人の肌になじむ色”と結婚指輪のプロモーションをかけましたがその時は定着しませんでした。それ以来の登場ですが、ピンクゴールドは加工性に問題があるのです。銅を多く含むため、硬く、割れやすく、サイズ直しが難しいのです。結婚指輪を長く使ううえでは大切なポイントなので、ご購入の際には、お店に質問してみてください。

 結婚指輪は、使い勝手を考慮すると、どうしてもデザインに制約があります。プラチナ地金の高騰もあり、 ゴールドという材料で差別化を図ろうというのが、2008年の結婚指輪最新トレンドのようです。


                       


BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。