FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年伊勢丹の結婚指輪・婚約指輪事情(1)
伊勢丹
 

2月に梅田阪急の結婚指輪・婚約指輪について
レポートしましたが、それに続き東の横綱、伊勢丹の
結婚指輪・婚約指輪最新報告です。
伊勢丹はすごいぞお。
 
”毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹。”
このキャッチフレーズの通り
伊勢丹はファッションに断然の強さを誇る百貨店です。
1Fのアクセサリー売場でも、
常に新しい試みがされてきましたが、
その決定版が”共通什器”。
従来の売場(伊勢丹ではお買い場と言いますが)では、
各ブランドはロゴやブランドカラーを目立たせ、
遠くから見てもそのブランドがどこにあるか、
一目でわかるようにしていました。
伊勢丹はそれをやめさせて、
各ブランドに商品力だけで勝負させることにしたのです。
販売員の制服の色も黒で統一したので、
ケースの中の小さなロゴを探さないと、
どのブランドの商品なのか、わからなくなっちゃった。


プレゼントを買うために、お目当てのブランドを探す
男の子にはおそろしく不親切なのですが、
結果として売上は増えたのだそうです。
百貨店1Fのジュエリー、アクセサリーを
プレゼント需要中心から、
自家需要のファッションアイテムへ
転換したということですね。
全国の百貨店は伊勢丹をお手本にしているので、
この流れは徐々に広がっていくことでしょう。


それでですね、何に驚いたかというと、
ティファニーまでがそのシステムに
組み込まれてしまったということ。
良く見たら、ティファニーブルーが
ケースの中にあったのですね。


かつてのティファニーは、
百貨店の看板と集客装置を兼ねていたので、1
階の一等地に内装費は百貨店負担みたいに
圧倒的にティファニー有利な条件でしか
出店しなかったはずです。
伊勢丹相手だと力関係が逆転してしまったようです。
また、ティファニーの直近の決算で、
世界中で日本だけが不振なので、
名を捨て身を取ることにしたのかな。
かなり思い切った決断です。


上の写真は、伊勢丹の2008年版ブライダルカタログですが
表紙をめくるとブルガリ、ティファニーの順で掲載されています。
以前は1Fにカルティエの結婚指輪売場?があって、
敷居が低い分、若いカップルに大人気だったのですが、
それはなくなっちゃたのかな。

カルティエはブランド戦略の方を重視したようです。

(つづく)

 


BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。