FC2ブログ
プロフィール

watanabeGNH

Author:watanabeGNH
渡部 博行(わたなべひろゆき)
結婚指輪・婚約指輪プロデューサー、株式会社GNH代表
1961年生まれ、
早稲田大学商学部卒業
’84年住友金属鉱山入社
’88年よりトレセンテへ出向しブライダルリングの開発、PR等に従事。
代表作は婚約指輪フローラ。
’07年ニッセンへのM&Aを巡り住友商事と対立、トレセンテを離れる。同年、株式会社GNHを設立、消費者の立場に立った結婚指輪、婚約指輪を開発する。

gnhgnhをフォローしましょう
 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

婚約指輪・結婚指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ【別冊】
婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の情報って、あまりにも一方的だと思うのです。トレセンテを開設し25年業界に深く関わってきた筆者が、フリーの立場で消費者のために書く基本情報
シライシ・エクセルコ・ホワイトベルは(株)シーマが経営しています
1月発売のゼクシィ首都圏版3月号に、おもしろい広告が出ていました。

ゼクシィ首都圏版の場合、婚約指輪・結婚指輪のページは細かく分かれて
いますが、最後のフリーレイアウトの部分に、
エクセルコ・ホワイトベル・銀座ダイヤモンドシライシが、連続して2ページ見開きの
広告を掲載。その見開きの左側が3社とも同じ内容だったのです。
大きな会場で2日間開催する、合同主催のブライダルリングフェア―の告知でした。
(名古屋でも同様の催事が開催されたようです)

ひとつの会社が、名前の異なる複数のブランドを展開するのは、アパレルではよく
あること。オンワードが23区、J・Press等を、サンエーインターナショナルなんか30
以上のブランドを運営しています。
カジュアルブランドでは、ポイントがグローバルワークとローリーズファームをやって
いますね。これらの情報は、オープンなので消費者も知って納得した上で、
比較検討して、購入しているわけです。

ところが、ゼクシィ誌上では15年にわたり、シライシとエクセルコが同じ会社で
あることを公表してこなかった。その封印がついに解かれた歴史的事件だったのです。

考えて見れば、これは消費者に対してずいぶん不親切な話しで、WEB上で
“シライシとエクセルコではどちらが良いでしょうか”みたいな質問が、
昔から良くありました。また、自分の売上が欲しいのか、シライシの販売員の中には
エクセルコを、よその会社扱いで接客するする人もいたりするので
消費者はよけい混乱してしまうのです。

2月発売のゼクシィ4月号を見たら、また前に戻っているので
3月の決算を前に、催事で売上が欲しかっただけのようですね。

株式会社シーマは上場企業なので当たり前ですが、サイトでは公表しているのだから、
ゼクシィ誌上でも基本的な情報は、消費者にオープンにするのが当たり前だと思います。
情報公開で問題になった過去があるのだから、立派な”コーポレートガバナンス報告書”
なんか作るよりも、先にやることがあると思う。それが企業の社会的責任です。

ゼクシィも、”運営会社”を基本情報に掲載すればいいだけのことなのに
何か不都合なことでもあるのだろうか。 



”円高でティファニーが安売り”いくらなんでも
Yahooトピックスの見出しに
「円安でティファニーが安売り」と出ていたのでびっくり。
思わずクリックしたら、以下のニュース記事でした。

ティファニーが値下げを、円高還元で過去最大規模
2月10日18時37分配信 読売新聞

 高級宝飾ブランドのティファニー・アンド・カンパニーは10日、国内で販売するほぼ
全製品の価格を11日から平均約9%引き下げると発表した。

 円高・ドル安が進み、輸入商品の仕入れ費用などが下がった分を消費者に還元する。
円高による値下げ率としては、過去最大規模となる。

 ティファニーは昨年11月にも国内での販売価格を平均約6%引き下げた。11月と12月
の売上高は米国で前年同月比約3割減となる中、日本では同5%増と伸ばしている。


ティファニーは米国上場企業なので、3ヵ月ごとに決算数字が発表されます。
リーマンショックでクリスマスシーズンの売上が激減した本国とは違い、
銀座本店の改装効果か日本の売上は悪くなかったのです。

それでも、わずか3ヵ月で再値下げ。”安売り”と書かれてしまっては、ブランドとして
立つ瀬がないですね。ちょっと気の毒な書かれよう。

でも、結婚指輪・婚約指輪をティファニーで購入しようと考えているカップルには良いニュース。
3月は、12月の次に結婚指輪・婚約指輪が売れる月です。



結婚指輪・婚約指輪の殿堂、ティファニー本店リニューアル
 銀座2丁目のティファニー本店(なぜ日本に本店があるのか不思議だけど)が
11月1日リニューアルオープン。早速行ってきました。

 銀座通りに面したこの店舗は、96年にオープンしたティファニーの日本における
基幹店。最初はテナントで入居していたものの、その後ビルを買収。
重厚でシックな佇まいでした。
 
 しかし、ここ数年でまわりにオープンしたカルティエやブルガリの店舗がビル全体を
デザインした派手なものだったから、比較すれば地味だったのは事実。
負けてられないと、ビル全体が小さなパネルで覆われた斬新なデザインのものに
なりました(デザイナーは隈研吾氏)。

 土曜日の午後とあって、店内はかなりの人。
カルティエやブルガリと違って、シルバー製品など手頃な価格の商品も揃えている
ティファニーならではの光景です。
改装前は2階にあったシルバージュエリーが1階に復帰。手頃な価格のチャーム類は
ガラスケースの外にオープン陳列するなど、お手頃感を打ち出している印象でした。
(その一方で、2億円以上のハートシェープのダイヤモンドリング、ピアスもディスプレー
されています)

 結婚指輪(マリッジリング)、婚約指輪(エンゲージリング)は2階のままですが、
スペースは広くなったと思います。婚約指輪は20万円台のものも10点くらい
あったので、気軽に買いやすくなりました。

 ティファニーは、ここ数年やや高額なジュエリーにシフトしていましたが、その結果
シルバージュエリーの売上が減少し、
 恋人時代のプレゼント―婚約指輪―結婚指輪―アニバーサリージュエリー
と繋がっていく”人生にティファニーを”路線の入口が狭くなっていたので
これを巻き返そうと考えているのかなと思いました。

 実際、Googleの検索数を時系列でグラフ化したGoogleTrendで”ティファニー”を
調べると、検索数が毎年減っているのが明らか。
何とか若い顧客を取り込みたいと考えるのも当然でしょう。

 しかし、大入り満員でも、その中心は30歳代以上。
バブル期のように20歳代前半のカップルにPRするのは難しいようです。
これは、社会の変化としか言いようがありませんが・・・。
バブル期のクリスマスには開店前に若い男の子が並んだのに

 個人的にはティファニーのファン。
たまにカタログをもらいに行って、青いバックに入れてもらったりすると
大喜びしてしまうものなあ。
やはり私の世代では特別な存在だと思います。

結婚指輪(マリッジリング)も、ペアーで20万くらいで買えるものもあります。
一度は足を運ばれてはいかがでしょうか。
独特の満足感があると思いますよ。




婚約指輪デビアスの広告、何だかなあ
9月29日の朝日新聞夕刊の最終面(番組欄の下)にデビアスの婚約指輪の
大きな広告が掲載されました。

渋いカラーをバックに、1本の婚約指輪が輝いている高級感あるれる広告です。
ところが価格は21万円(税込)とリーズナブル。正確には以下の表記です。

        フォーエバーリング \210,000(税込)
             0.30カラット G VS
 
デビアスが自信を持ってお届けする、新しいフォーエバー コレクション
 厳選されたダイヤモンドだけに刻まれたデビアスマークは、真実の証


7月にこのブログでもご紹介した、デビアスの思い切った価格訴求型婚約指輪
の広告ですね。相当気合いが入っています。

しかしですね、この広告を見た瞬間、”これはないだろ!”と私はツッコミました。
おそらく、結婚指輪・婚約指輪業界の多くの人がツッコミを入れたと思いますよ。

何がネタかと言うと、この広告の写真のダイヤが0.3カラットの大きさでは
ありえないということ。

広告の写真だから、ダイヤモンドが大きく拡大されるのは当たり前ですが
指輪とのバランスで、0.3カラットのダイヤモンドがこのように見えることは
ありえないのです。

一般的な指輪のサイズまでこの広告の指輪を縮小コピーをして(ヒマだな)
確認すると、0.8-1カラット以上のダイヤモンドの大きさです。
0.3カラットのダイヤモンドだって、婚約指輪として十分な大きさですが
1カラットのダイヤの婚約指輪の方が、全体のバランスでダイヤモンドが
目立って良く見えるのは当然です。

この広告を見た、ダイヤモンドに詳しくない男の子(ほとんど全員でしょ)が、
21万円を握りしめて百貨店に買いに行って、女の子にプレゼントしてから
広告と見比べたら、見た目のバランスの違いにびっくりするだろうな。
(店頭ではバランスの違いなどわからないと思う)

”広告だからあくまでもイメージですと”いう主張だろうけど、掲載されている
細かいスペックは写真の商品の説明だと、誰もが思うのではないだろうか。
景品表示法に引っかからなければ良いけど・・・。




テーマ:結婚指輪・婚約指輪情報 - ジャンル:結婚・家庭生活



BS blog Ranking